*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.11 (Fri)

歩くみたいに極自然に指が動くように、思考は止まることを知らない

なんか頭がパーン\(^o^)/しそうだったので、ノートに延々と脳内妄想を吐き出してました。
読み返したらなんか自分、心底病気だなって思った。
そろそろ病院に「こっちくんな」って言われる日も近い。いや、職場になるんだから言われたらちょう困るんだけど。

rkrn語りの上、マジでこいつ大丈夫かってくらいの思考なんで隠しときます。
や、あたしの中ではこのくらいの思考別に病気でもなんでもないけど。

【More・・・】











ノートを見返したら、やたらと庄鉢について書いてあって吃驚しました。
あたしの中で庄鉢がジャスティス過ぎる。広がる無限の可能性!
前提に鉢久々があるのでどうしても庄ちゃんの片想いになるんですけど、真っ直ぐ過ぎる庄ちゃんに合わせる顔がないって言って泣いちゃうような三郎が見たいです。泣きながらくくちを抱きしめてるといい。傍目からは抱きしめてるけど、心象的にはすがってる。
単純に悪い大人な鉢屋も好きですが、やっぱり14歳だもの。何処かなり切れなくて苦悩してるといいと思うんだ。
庄ちゃんはそういうの全部分かってはなくても感じてて、それでもぶつかりに行っちゃうような愚直さを持っていて欲しい。10歳の特権で。
そんな庄ちゃんを、鉢屋も久々知も責めはしない。むしろぶつかってくる痛みが少し心地いい。
鉢屋にとって委員会の後輩が黒木庄左ヱ門である必要は全くないんだけど、黒木庄左ヱ門であるからこそ学ぶことは屹度沢山ある。それが絶対に必要なものかと言えば、それもまた違うんだけれど。
そんなのを全部承知して、だから庄ちゃんはぶつかってくんだろうなって思ったら10歳の真っ直ぐさに心が打たれた。打たれたっていうか、討たれたかもしれない。
誰でもあって誰でもない、誰にもなれないけど誰かになろうとしている鉢屋の唯一無二になりたい庄ちゃんってすごい男前だと思う。
代替品になりたいと思う鉢屋が、唯一無二を持ってしまえばそれはもう代替品ではない。そういう意味で鉢屋の望むものを奪ってしまうことを、庄ちゃんが分かっているとは思わない。思わないけど、結果論として庄ちゃんは鉢屋のアイデンティティを奪おうとしているのかもと考えたらこいつら途方もないと思って、ちょっとげんなりした。
つーか、本当庄ちゃん格好よすぎる。
そして鉢屋がよく分からなくなってきました。鉢久々を同次元で考えてるからかな。
あたしの中で鉢屋は、何かになりたくて堪らないけど(現状が不安定すぎると嘆いてる)でも一体何になりたいかがずっと見えない人っていう認識。
まあ年齢的にはそんなもんだよね。
たどり着きたい場所を手に入れた瞬間に失ってしまう諸々が、大事すぎて先に進めない感じ。欲を持ってしまえば、もう戻れない。
それを自覚してる時点でもう既に戻れないんだけれど、ずっとグレーゾーンでとどまってる。学園にいる間のモラトリアムが心地よすぎて抜け出せない。
大半の生徒が人間から修羅になっていくのに対して、鉢屋は鬼から人間になって修羅へと進んで行ってるように感じる。
一度手に入れた生ぬるくて優しいものを、もう一度また捨てていかなきゃならない。最初からなかったのなら嘆かずにすんだのにとか思ってる。
けれどその生ぬるくて優しいものが、自分を生かす原動力になるって知ってしまったから、それに感謝もする。
なんか単純に可哀想になってきたこれ。

後はちょろっと金吾妄想がありました。
武士として城に仕える金吾と、忍びとして城に仕える七松とかに妄想が発展してて吃驚した。
立場としては新人としても武士の金吾の方が上なんですよね。七松は若衆のリーダーとかだとしても、原則的に忍びは武士の下(の筈)
そんな立場の違いとかにすごく悶えました。
金吾は忍びがどれだけ過酷な仕事かを知っていて、だからその働きを蔑ろにはしたくないけど武士仲間はあんまりそういうの考えてない。普通に与えられた階級が全てなんじゃないかな。
だから忍びを擁護する発言もできずに苦悩する金吾とかすげえ萌える。

ふー。散々妄想書いたらすっきりした。
うん。溜め込むのよくない。

へたの妄想もちょろっとあったんですが、如何にいぎがどうしようもない存在かってことしかなかったんで書くのやめときます。
だってもう今更ってくらい語ってるし、過去に。

そういや庄ちゃんのプロフィール見てたら、星座も血液型も一緒で嬉しかったです。
何故か諸泉さんと一緒なのは知ってたんだけど。庄ちゃんまで一緒だったとは。
つー訳でそろそろ誕生日なので誰か祝ってください(お前…)
スポンサーサイト
00:23  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://echoecho99.blog17.fc2.com/tb.php/1722-6a2e7fcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。