*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.24 (Tue)

色を失くした花は枯れない

毎度、唐突なのですが、砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけないでふらいぎパロに悶え苦しんだので、ちょっと妄想してみるんだよ☆←…

これから原作読んでみようかなーとか、ネタバレは厭よ!って方はブラウザバックか窓を閉じてください。
ネタバレに対する配慮? そんなの藤崎にはないよ。















取り敢えず本編がどういう話かっていうと、山田なぎさという女の子が住む適度に田舎な港町に、東京から海野藻屑という美少女が引っ越してきます。
しかしその美少女、おかしい。兎に角おかしい。自分は人魚だとか言い張ってみたり、片足ずりずり引き摺って歩いてたり、同級生から話しかけられても変な答えをするか無視。まあ美少女、且つ親は有名人(父は歌手。母は女優)なので最初のほうはみんな話しかけに行きます。
そんな中、山田なぎさは父が十年前に死に、その保険金も二ヶ月前に底をつき、母のパート代と僅かな生活保護しか収入のない困窮した家庭であり、自分の生活で手いっぱい。しかも彼女曰く、神の視点を手に入れた引きこもりの兄がいたりする。その為、彼女は海野藻屑に注目しません。てゆーかどうでもいい。
けれど、すげなくされると燃えるのが人間ってものですよね! 海野藻屑、山田なぎさと友だちになりたいみたいです。必死でアプローチかけるようになります。
まあ追われると逃げるわけで、山田なぎさは猛烈に海野藻屑のことを嫌います。けれど、とあることを契機にそれまで目を逸らしていた海野藻屑は自分より可哀想な子、ということを目の当たりにして友だちなのかもしれないと思うようになります。
しかしそれを認めることは山田なぎさをそれまで支えてきたアイデンティティの崩壊です。で、また海野藻屑を避けてみたりなんだり……というお話です。
オチはここで書くには余りにもドッキンコ☆な内容なので自粛します。
まあ桜庭さんらしいよね!ってオチです(分かるか)

うん。まあ、分かりにくい説明でしたが皆さんが理解してくれたというのを前提にパロを始めます。
兎にも角にも配役。
山田なぎさ→フランシス・ボヌフォア
海野藻屑→アーサー・カークランド
海野雅愛(藻屑の父)→アルフレッド・F・ジョーンズ
他の配役はいまいち決まりませんでした。
あ。ちなみに(本当はどっちでもいいんだけど)原作がおにゃのこふたりが主人公なので、ふらいぎふたりもにょたってことで!

で、ここまで設定して何が書きたいかは下記。
■英の電波ちゃん的自己紹介(どんなに人間が愚かか教えてください)
■ファーストコンタクトが「死んじゃえ」なふらいぎ。
■「ほんとの友達を探しに来たの」って言う英(吃驚するくらい積極的ですね)
■「おとうさんのことすごくすきなんだ」という英の内緒話(これ、吐きそうなくらい可愛いシーン)
■英の「好きって絶望だよね」
■英の電波っぷりにマジ切れする仏。
■ゲロる仏と泣きながら謝る英。
■無抵抗でクラスメイトに殴られる英。と、それに割って入る仏。
■英の「ごめんなさい……おとう、さっ……もうしません」(えろではない)
■仏を引き止めたいが為にペットボトル(当然中身は入ってます)を投げつける英(ガチでギリスだと思う行動)
■体を揺らして仏にくっつく英。
■聞こえる耳(片方の耳は聞こえない)を仏にひたむきに向ける英。
■米に英の友達宣言をする仏。
■米に足が開かないようにって鍵をかけられた英(貞操帯ではないよ!)
■一緒に逃げようとするぶつえい。
■「Because I miss you.」って言う米。
結構多かった…。
特に、ペットボトルぶん投げる英。絶対可愛い。ガチで可愛い。
理由が分からない内はむかつくけど、理由が分かったとたんこみ上げる愛しさがあるので、是非ともその愛しさを仏に味わって頂きたい次第です。

はー。自分ひとりが満足してすっきりした記事でしたが、お付き合いくださった方(いるのか)は本当ありがとうございます。
まあ、あれですよね! ふらいぎはどんな設定でも可愛いですよね!
スポンサーサイト
20:05  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://echoecho99.blog17.fc2.com/tb.php/1428-5f5bbb92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。