*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.03.21 (Fri)

君の淋しさ貰ってあげよう


苦い飴玉を口移すみたいに

阿部きょうだい。
中二の終わりくらい。榛名の母校に潜入したとかなイメージ。手引きは阿部従妹。
他校で尚且つ三年の教室ってまるで異世界のような未知の場所だと思うんだ。そしてまじまじと距離を知らしめられる。
阿部兄はそういう淋しさを感じることで、榛名を遠い存在だと認識して離れることを納得する。
榛名はそれとは逆に、離れる努力をしなかったからこそ今でも普通に名前を呼んでこっち来いよって言えるんです。
そういう行き違いがふたりが相容れない理由なんだよ。近かったのに遠くなっていった阿部が許せない榛名と、何てことはなくまだ傍にいたいって望むことを許す榛名がもどかしくてツラい阿部。
離れたり諦めたりする努力をしなくていいって榛名はずっと思ってるに違いない。阿部は真逆。
努力し続けるのは阿部の性格的なものだから仕方ないんだよ。
直観的な判断ができない。理論立てして、色々言い訳を用意しなきゃ選べない。
スポンサーサイト
03:23  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://echoecho99.blog17.fc2.com/tb.php/1360-4c08f822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。