*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.03.09 (Sun)

弱さを認めたくないという弱さ


久々にハルヒ。
きれいに描きたいんだけど、巧くいかない。口を閉じた瞬間の静謐の美しさみたいなのを。

今更になって数年前の自分は本当に弱さを認めたがらずに意地を張っていたんだなということに気が付きました。今だって勿論そうなんだけども。
すがる弱さってのを認めたくなくて、むだな虚勢を張ったし、今も張っているってことが身に沁みてます。でももしも、すがってしまってたら、そんな自分を嫌悪したんだろうってことも分かる。
みずぼらしくすがったとして、すがった相手とは別離することはできるけれど、すがってしまった自分自身と別離することは永久に不可能だしな。結局は自分を守りたかったんだろうって、今は分かる。
で、唐突に何故こんな話かって訳もなく誰かにすがりたい気持ちが再来したので、自己制御をしてみようと理論立てたということです。
理由も何も聞かずにもうひたすら甘やかして欲しい。頭を撫でてよく頑張ったって褒めて欲しい。
何を褒めるかって何だかんだで今日まで生きてきたことを。沢山の間違いもあったけど、今の結果を暫定的に褒めて許してくれないかなって思う。

そんな状況に二乗して軽く人間不信です。
接するひとみんながいいひと過ぎて、全員上っ面だけなんじゃないかとちょっと本気で思ってる。
向けられる言葉の全てが社交辞令にしか聞こえない。やんわりとした断りのメールとか特に。
自分に気を遣ってズバっとウザいってことを伝えられないんじゃないだろうかとか。どうせメールだけだしとか思って惰性で付き合ってくれているだけなんじゃとか思ってる。
そして、そういう自分の思考に自己嫌悪。
そうだよ。そもそもこんな仕様もないナマモノに付き合ってくれてるだけで充分じゃないか。例えそれが上っ面だけだとしても、惰性だとしても。何よりこうやって自分からして全幅の信頼どころか疑いを持っているんだから、相手だって自分のことを信じたりはしていないに決まっているじゃないか。
うっわ。ちょう鬱。
上記の考えをぐるぐるした後に、そんな暗い思考8割までしか当てはまらないだろうって思ってはみるけど、更に最悪の事態を考えてもみる。
最悪の回避だけを考えてみると多少なり大らかになれる気がする。
嗚呼。でもちょっと淋しい気もしないでもない。いや淋しいよ。
スポンサーサイト
01:44  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://echoecho99.blog17.fc2.com/tb.php/1344-132328ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。