*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.01.08 (Tue)

お前の痛みを抱きしめてみたい (できれば疵だらけのその体ごと)

思い出したかのように糸吉界師の翡限にハアハアしてます。

しかしあの、あれ…理想の翡限ってない。

いや。うん。ごめん。あたしの見ているビジョンが一般論で括れないからだってことくらい予測はできているんだ。できているんだけれども!

らぶ過ぎるのも厭なんだけど、殺伐なのも厭なんです(わがまま)

日常らぶでいい。日常で。

こうさ、翡葉さんが前髪鬱陶しいって言って操ちゃんから苺のパッチン止め借りて前髪固定して本とか読んでるといい。その内、こてんと転寝しちゃってるのを限くんが発見して胸キュンしちゃうといい。

あの色素の薄い髪が、午後の日光に透けてきらきらしてるのとか、目を閉じると幼くなる顔とか、そういうもの全部まとめてひっくるめて、愛しいなって感情が溢れて、嗚呼今日は平和だなあって思うといい。

そういう翡限が見たい。

好きだとかそういう何よりもこう切ないみたいな、うわあああってなっちゃうようなそんな翡限。

抱きしめたいとか愛くるしいとかそういう色々。

生まれてきてくれてありがとう、って日々思いながら過ごしているかのようなカップリが読みたいんです。

翡限は日々、いつ死ぬか分からないって前提があって好き。その上で日常がなんてことなく流れていってる。春の昼下がりとか、幸せで幸せで死にそうになっちゃうんだよ。

うわああ。ちょうもえる!



後、やったら蒼/井に悶え苦しんでるんですが、本当みんなちょっと見てみるといいよ、写真集。

キュンってするんだ。創作意欲が掻き立てられる。

蒼/井可愛い。そして可愛いだけじゃない何かが伝わるんだよ。

ちょ、あう、どうしたらいいんだろうこの気持ち。

触ってはならない部分に近づきたいって思うような感じなんだ。きれいな静寂をそのままにしておきたいんだけれど、静寂を静寂のままにしておくのは余りにも淋しすぎるようなそんな感覚。

あれこれ言っても伝わらないのは承知なので、みんな見てくださいと繰り返すしかない。




蒼井優 写真集「トラベル・サンド」








蒼井優 写真集「トラベル・サンド」


著者:蒼井 優
出版社:ロッキング・オン
出版日:2005-12-15

おすすめ度:

Amazon.co.jp で詳細を見る
スポンサーサイト
14:10  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://echoecho99.blog17.fc2.com/tb.php/1291-b1c3f363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。