*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.08.03 (Fri)

苦しいと思わないわけではない

すみません。誰か、あたしにナナシュナとVスザをください……っぅ、ぅぅ(力尽き)
ちなみに、24・25話とか全く見てません。なんか電波が来ただけだ(すげえなオイ)
はうぅぅ。何かもっそい飢えてるみたいです。心が!
取り敢えず優しさというものに責め立てられて、ひとりえすえむしてるシュナ兄さまが見たいんだ…!
ナナリーにリピートアフターミーで、セルフ罵りさせてるといいな。誰か描いてよ。
「空回りして、結局多くのひとを戦火に巻き込みました」
「おにいさまは所詮はひとごろしです」
「ひとりでは罪と向き合うことも出来ない哀れな子」
上三つは言って欲しいな。ハアハア。
あたし、たぶんギアスの萌ポインツを悉く外しながら悶えていると思う。
おにゃのこが無慈悲に笑顔で罵る姿がものごっつい好きなのです。たぶん、過去作品もそんな傾向があるよ!

無慈悲に罵るで、いちばん最初に思い出したのは実はニア(@グレンラガン)でした。
いや。罵ってるわけでも、無慈悲なわけでもないんだけど、美しすぎる正論は人の心をぐっさりばっさりギチギチ抉るよね、って。
たぶんシモンはニアに正論ぶちまけられると、そうだよねって痛みと共に飲み下すと思うんだ。つよいこだから。
苦しいものも受け止めてなんぼ、って。
ただロシウは真正面からグリッと傷口を抉られて言葉も失くしてしまうと思うんだ。生真面目さんだから。
そんなロシウが大好きです(酷い)
てゆか、最近のあの子エロくないですか? あたしの気の所為ですか? それならいいんですが……いや、絶対エロいって!!
グレンラガンは全うにシモニアに悶えます。そして+側室ロシウ。
正室ニアの天然に振り回されながら、ニアではサポートできない部分を自分の領域としてしっかり支えるロシウの図が好きです。
ニアロシも萌だと思うが。
ニアの正論に疵付けられて、同時にそれでもがんばりましたねみたいなこと言われちゃって大泣きしちゃうといいんだよロシウはさ!
飴と鞭、なノーマルが大好きです。ええ。結局はそこでした。

ついでとばかりにですが、鋼ではブレアイが好きでした。でゆか今も、ノーマルだとブレアイ!
お互いに空回りしまくってるのが可愛いなーと思うわけです。
こっちはむしろブレダの全うさに、瞬間的に疵付いちゃうようなリザちゃんが好きです。
ブレダの精神構造は一般人と大差ないから、戦争に行ってバンバン人を殺してこの先、その業にまみれて生きて死ぬんだろうって思ってるリザちゃんは、ブレダは眩しすぎて直視できない。
なんかそうやってぐだぐだうにゃあってなってるとこに、ブレダが何でもない一言ですっと救い出しちゃって、悶絶しちゃえばいいと思うんだ。
や っ ぱ り す き !
みたいな。
このふたりは書いてると、とっても幸せで同時に恥ずかしいって悶絶させられました。うなうなわたわたしてたのは自分。
でもまた書きたい。すごくすごく好きなカップリングでした。今でも好きだし。
周囲に同士なんざひとりもいませんでしたが、それでもあたしの中で素敵に自己完結してたふたりです。

そもそも、あたしは自己完結の強過ぎる子です(何)
その所為でお前と一緒にいてもつまらないとか、世界が分断されてる気がするとか言われたことがる、よ…(何、その告白)
あたしはたぶん木場修(@妖怪シリーズ)と近しいと思う、んだ。
自己完結して、世界が収束してて、だから一緒にいると虚しい、みたいな。
人の話を聞くことはします。ですが、聞き終わってかわ、それが何か?とか素で言っちゃうようなこともあります。疲れてると特に。
普段は抑えて抑えて同意してみたり、笑ってみたりしてるけど。
でも結局思うことは一緒なんだよね。
分かった。お前の意見は一理あるだろう。認めよう。嗚呼。そういう考えだってある。否定はしない。だが、それが何なのだ。だからどうした。どうせお前のその言葉や考えだって自己完結しているんだろう! そこから先に何故、俺の言葉を求める! 知るかそんなもの!!
って思うんだ。
看護者に根本的向かないです。患者さんと会話してください、とか笑顔で言われても「え……」って思う。
返事をしたら負け、だ…!(本気)
「そうですかー。そうなんですかー。へー。で、それがどうした?」
と、言いかけて、途中で頑張って飲み込みます……。何の拷問。えすえむかよ、精神の。
お前の意見は分かった。全くもって同意できはしないがな。しかし、私はお前がその意見を発する権利を、命にかけても守ろう。
これがあたしの生き方のモットーであり、手本。
同意できずとも、その意見があることは認めたい。その上で真っ向からぶつかって否定してやりたくもなる。
だからどうした。私には私の意見がある。
こう思って生きています。そうでもしないと折れてしまいそうだよ。
たぶん誰よりも世界や世間といったものを渇望しているけれど、自分ひとりでも完結できてしまうからそこに逃げ込んでしまうんだよ。
このひきょうものって思わなくもない(それでも改善できないからこのままなんだぜ)
スポンサーサイト
08:55  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://echoecho99.blog17.fc2.com/tb.php/1126-7caff4f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。