*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.11 (Wed)

きみがいる今日 たった今! それ以上の世界はない!


東京赤ずきん 4 (4)

東京赤ずきん 4 (4)
著者:玉置 勉強
出版社:幻冬舎
出版日:2006-09-22
おすすめ度:
Amazon.co.jp で詳細を見る



やっとこ全巻集めました、東京赤ずきん!

最終巻でのアスタルテさまの可愛らしさはもういっそ異常なほどでした。意思の強いおにゃのこは素晴らしい!

ただのエログロだけで終わらずに、きちんと根底に話があるのってすごいなーと思いました。

急速に話が展開し収束していくので、巧く語られてはいないのが残念なのですが。それでも、アスタルテさまの強さを見ると、何かしら考えるものはあるなーと思います。

因みにあたしは酷評の多い3巻が結構好きです。アスタルテさまとアスベエル、ヴィヴィ、ルカのお食事会がごっつ可愛い。

後、ヴェルテたんの甲斐甲斐しさというか必死さとかがいじましくてキュンキュンするんだお!(ぇ)

4巻ではアスタルテさまの非常に冷静な目にドキドキしてしまいます。怒った顔が可愛いのは美少女の特権!

そしてアスタルテさまとアスベエルの主従関係にとっても萌え萌えしてました。幼女×オッサンはあたしの永遠の萌!

しかしまあ。どのキャラもみんな好きでした。ひとりひとり、きちんと意思があるから何処かしら共感できて、何処かしら厭な部分があって、だからこそみんな好き。

ただのエログロでなく、あたしの中では名作。

大袈裟にでなく、ひっそりと奨めたい作品だなーと思います。

だって世の中にはグロ嫌いもエロ嫌いもいっぱいいるからさ。
スポンサーサイト
07:17  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://echoecho99.blog17.fc2.com/tb.php/1079-6e5eca49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。